大坪あいか|朝日和泉 ブライダル衣装、グッズのプロデュース・制作会社 if-plant共催

大坪あいかと朝日和泉は、『if-plant』を運営する、幼なじみの2人組。
ウエディングドレスの制作やプチギフトのプロデュースなど、ブライダル関係の事業を中心としながら、
料理教室や小物制作のレッスンも連日開催。大坪の自宅に構えたサロンには、結婚を控えた女性や、
スキルアップを目指す主婦たちがひっきりなしに通ってくる。

早く技術を身に付けたくて
高校は福祉科へ(大坪)

2人とも、小学校と中学校は同じ校区で幼なじみなんです。高校からはちょっと進路が別れたんですよね。私は家庭の方針もあって、高校卒業後には就職することを決めていたので、就職に役立つ技術を身に付けるため、大野東高校の福祉科に通いました。卒業してすぐに、大野の老人福祉施設で働き始めましたが、よく行っていたお洋服屋の社長さんに「ちょうど店舗を増やすから、うちで働かないか?」と声を掛けられて。若いうちしかできなさそうな仕事だったし、アパレルの仕事を始めてみることにしました。それからは洋服のバイヤーとして、東京や鯖江などあちこちを飛び回り、忙しい日々を過ごしました。福井に住んだ時期もありますが、基本的に拠点は大野でしたね。

「もしもの工場」から
いろいろなものを生み出したい(大坪)

でも何だろう、自分はこうしたほうがいいと思うこと、たとえば「絶対こうしたほうが売れるのに・・・」とか思っても、それが会社では通らないことに疑問を感じて。20歳くらいの頃から独立を考え始め、インターネットショップ『if-plant』を立ち上げました。洋服や小物を自分で作って売ったんです。クラフトや服の制作などを習ったことはないんですけど、小さい頃から細かい作業が好きだったのもあって、独学で制作していました。『if-plant』は「“もしも”の工場」。「もしも、こんなものがあったらな」、という想いをかなえるための場所なんです。

子どもを産んだら家で仕事をしたい、家庭がうまくいかなくなるならやらない、と思っていたので、25歳で子どもを産んでからはサロンを自宅に構えるようになったんです。仕事が軌道にのって忙しくなった頃に、いずみちゃん(朝日)に参加してもらうようになったって感じですね。

本格的にウエディングの世界に入ったのは、自分の結婚式の時、自分用のウエディングドレスを作ったことがきっかけです。それを見た友人から、「今度は私のも作って!」と依頼されました。さらに友人の友人に評判が広がって・・・といった具合に口コミで広がり、ドレス作りの依頼がちょこちょこ来るようになりました。お客さんが「こんなドレスを着たい」というイメージをいずみちゃんがイラストに起こしてみて、それを元にイメージの摺り合せをし、私が縫って作り上げるというスタイルでやってきました。

ウエディングドレスから派生して、金箔入りの石けんやお香、バスソルトなどの結婚式用プチギフトのプロデュース・制作をするようになりました。そこからさらに、お料理なんかの花嫁修業的なものや主婦のスキルアップとなるようなクラフト教室にも業態を広げて、今に至ります。

やりたいことをするのが一番
両親も応援してくれた(朝日)

子どもの頃から絵を描くのが好きで、絵描きさんになりたいと思っていました。年が離れた兄がいるんですが、兄が持っていたアニメのビデオを観ていたのも影響していると思います。まだぼやっとした夢でしたけど、福井高校のアートデザインコースで学びたい、と言って進学させてもらいました。大野から毎日、越美北線に乗って3年間。朝が弱かったんで、むりやり起こしてもらって行ってました。デザインを勉強していたんですけど、勉強すればするほど、絵は好きだけど仕事にするのはちょっと難しいな、と思うようになりました。同時にとある歌手の大ファンになって、ライブに通い詰める中で、そういったアーティストの役に立てるような、コンサートの裏方になりたいと考え始めたんですよね。それで、大阪にある音響の専門学校に進学しました。これも両親は応援してくれました。大野を出ることに何のためらいもなかったです。戻ってくる気も全然なし!

卒業後、京都でライブやイベントの音響会社に就職しました。大きな劇団と一緒に全国ツアーを回って・・・。年の半分はホテル暮らしで、ワイヤレスマイクの管理とかやってました。舞台やライブを見ていると、黒い服を着た人がコードを巻き取ったりしてますよね、あの仕事です。

私の「大野へかえろう」

2年くらい働いた頃に、しんどくなってしまって。体力的なものとか、技術の至らなさとか。とにかく仕事がうまくいかなくて、辛くて・・・。今となっては貴重な経験だったと思うけど、その頃はもう凹んで。とりあえず、学校があった大阪に行こうかな・・・とか思いながら親に電話したら、「帰ってくればいいんじゃない」って言ってくれました。それでもう我慢できなくなって、じゃあ一回帰ろうかな!って。

地元に帰ってきて、幼馴染のあいちゃん(大坪)に、なんか仕事ないかな~なんて相談してたら、彼女の彼氏が務めている会社が事務員を募集しているということで、とりあえず働きました。その後、あいちゃんの会社に一人空きが出たということを聞いて、同じアパレル会社に入社しました。そのうちに、あいちゃんは『if-plant』を作って独立。「こっちも忙しくなってきたから手伝って」って言ってくれて、私も一緒に『if-plant』で働くことになりました。

女性たちの願望を
かなえる仕事

大坪)ドレスの受注は、1年に3件まで。ウエディングドレスを作るのは、ものすごいプレッシャーですね。打ち合わせを重ねて、制作に3ヶ月はかかります。女性にとって本当に大切な衣装ですし、仕事でやるからには認められるものを作らないと、と思います。レッスンに関しても、「セレブな習い事」という雰囲気を作ったり、作る時間そのものを楽しめるような空間にしようと努めていますね。
これからは・・・。大野の飲食店から、メニュー開発のオファーなんかもあるんですが、そんなプロデュース関係の仕事を増やしていきたいですね。あと、今の若い子に出会いの場を提供したい!婚活イベントとかもやります。

朝日)ドレスのイメージを描くだけでなく、サロンではカルトナージュ(厚紙で組み立てた箱に布を貼り付けて作る小物のクラフト)のレッスンもしてます。いろいろな経験をしましたけど、美術や音響の仕事をしてきたことが結果的に、今の暮らしに役立っていると思いますよ。

『if-plant』より、若い人たちへ

大坪)やっと大野の良さを分かり始めたのって、30歳過ぎてからかも・・・。私と同じくらいの歳で、子どもを産んで、大野に帰ってくる子って多いですよ。保育園には絶対入れるし、刺激は無いけど、子どもを育てるなら大野ですね。若いうちは「やっぱり都会!」って思うのは当然だし、大野の良さに気付くのは先のことかもしれないけど、外に出て、いろんな考えを持って帰ってくる人が増えると、大野っておもしろくなると思います。

朝日)大野を出てひとり暮らしした時、何もかも自分でやらなくちゃいけなくなった。それがきっかけでちょっと大人になったし、できることも増えて、ひとりでも生きていけるなって確認できたのがよかったかな。親の手の届かないところにいるっていう経験、してみたほうがいいんじゃないかなと思います。正直、専門学校の頃なんかは楽しくてしょうがなくて、大野が恋しいとは思わなかったです。でも色んなものを吸収して、ふと地元のことを思い出すことがあったなら、帰ってくるのもいいですよ。「絶対都会じゃなきゃ」って思いすぎないで、いろんな場所の良さと、大野の良さを比べてみてね。

  • 休日の過ごし方
    休日は、次のクラフトはどういうことしようと考えたり。
  • 大坪あいか

    1984年生まれ
    ブライダル衣装、グッズのプロデュース・制作会社 『if-plant』共催

  • 料理やお菓子を作ってはインスタにあげてます!

  • 休日の過ごし方

    休日は、次のクラフトはどういうことしようと考えたり。料理やお菓子を作ってはインスタにあげてます!

  • 大坪の経歴

    大野市中野で生まれる → 大野東高校 → 老人福祉施設(大野)→ 洋服のセレクトショップ(大野)
    →『if-plant』立ち上げ

  • 大坪の一日

    6:30
    起床 子どもを起こして
    朝食とお弁当
    7:30
    保育園へ
    9:00
    夫が出勤
    10:00
    教室スタート
    16:00
    レッスン
    17:00
    子どもお迎え
    18:00
    夕食
    19:00
    入浴 夫帰宅
    21:00
    子ども寝かせる、テレビを
    見たり、ゆっくり過ごす
    24:00
    就寝
  • 大坪の座右の銘

    なせば成る 大坪あいか

  • 休日の過ごし方
    休みの日はクラフトでちらかった
    部屋の片づけをしてます・・・。
  • 朝日和泉

    1984年生まれ
    ブライダル衣装・グッズのプロデュース・制作会社 if-plant共催

  • 大好きなアーティストの曲も
    聞いてますよ!

  • 休日の過ごし方

    休みの日はクラフトでちらかった部屋の片づけをしてます・・・。大好きなアーティストの曲も聞いてますよ!

  • 朝日の経歴

    大野市東中野で生まれる → 福井高校 → 音響の専門学校(大阪)→ 音響会社(京都)→ 事務アルバイト(大野)→ 洋服のセレクトショップ(大野)
    →『if-plant』参加

  • 朝日の一日

    7:30
    起床
    朝食と夫のお弁当作り
    10:00
    教室スタート
    16:00
    レッスン
    17:00
    夕食の買い物
    18:00
    夕食
    20:00
    入浴、のんびり、
    カルトナージュ作品作り
    24:00
    就寝
  • 朝日の座右の銘

    花鳥風月 大坪あいか